タカトシ、国際恋愛カップルのキューピットに 生放送で奇跡の展開

 22日、タカアンドトシのタカ(40)とトシ(40)がMCを務める、AbemaTV『もし相方がいなくなったら~タカオアトシ~』が放送された。今回は横浜・赤レンガ倉庫で「爆走!街中スカウト 他人まかせBINGO」を開催。タカチームとトシチームに分かれ、タカチームはジャルジャル・後藤淳平(32)&雑誌『CanCam』のモデル・堀田茜(24)、トシチームはジャルジャル・福徳秀介(33)&グラドル・天木じゅん(21)を助っ人に迎えて対決。一般の方をスカウトしてお題やクイズに挑戦してもらいビンゴパネルの完成を目指す中で、さまざまな珍事が発生した。

 トシチームが挑戦したお題「3組のカップルのキス写真を撮れ」では、日本人女性と外国人男性の2人組をスカウト。トシが「2人はカップルですか?」と話しかけると、女性が男性に通訳し、その瞬間、女性が満面の笑みに。なんとこの瞬間付き合うことが決まったといい、カップル成立。2人は興奮のあまりカメラを構える前にキスしてしまい、改めて写真を撮り直す羽目になった。思わぬキューピットとなったトシチーム一同も大喜び。勢いを得て、次々とキス写真の撮影に成功した。

 また、トシチームは「けん玉の剣先を一発で成功させる」で38歳の男性をスカウト。20年ぶりにけん玉を持ったという男性は、得意ではないと語りながら飄々とした様子で一発クリア。まさかの“神ってる”プレーに「今からでも本格的にけん玉やったほうがいい」「才能ある」と一同大いに沸く展開となった。

 一方のタカチームは「タカと同じ体重の人を探せ」に挑戦。タカは92キロと自己申告したが、実際に測ってみるとなんと95.1キロ。トシは「サバ読んでんじゃねえよ」と相方の頭を小突いたが、タカが「自称95キロ」という男性をスカウトして測ったところ、こちらの男性は104キロを記録。「自覚ないまま10キロも太ります!?」と一同驚愕する展開となった。


 結果的にはビンゴの本数が同数だったためジャンケンで勝敗を決め、タカチームがファイナルチャレンジに挑戦するも失敗。電流ビリビリの罰ゲームを受けた。 今回も一般の方に大いに盛り上げてもらった当番組。師走ムード漂うドタバタ感の中、2016年の放送を締めることとなった。


(c)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000