瑛太&井浦新&大森立嗣監督の3ショットに、新井浩文がツッコミ 「立さんだけ人質感。」

 俳優の瑛太が21日、自身のTwitterを更新。俳優の井浦新と大森南朋の兄で映画監督の大森立嗣との3ショットを公開した。瑛太と井浦はサングラスをかけ、“ちょいワル風”な姿で大森監督を挟む構図となっている。

瑛太 公式Twitter(@mituoda)より


 瑛太は来年秋に公開予定の三浦しをんの同名小説を原作とした映画『光』に出演。同作は、東京の離島・美浜島で育ち、島を襲った津波から生き残った幼なじみの3人が、大人になりそれぞれの人生を歩みだす中で再会するという物語。同作で瑛太と井浦は幼馴染の輔と信之を演じ、監督は映画『まほろ駅前』シリーズの大森が務める。瑛太はTwitterにて「映画、光、出来上がった。すごい事になってた。来年の日本映画界に異物が入る。そんな感じ。観てねー!!」と報告。かなりの自信作のようだ。


 この投稿にファンだけではなく、俳優の新井浩文も反応。瑛太の投稿をリツイートし、「立さんだけ人質感。」と、瑛太と井浦に挟まれた大森立嗣監督をいじった。


 この一連の投稿に、ファンからも絶妙な3ショットに注目が集まり「お二人のギャング感!!」「ボスにも見えなくはない‥」「大森監督の存在感抜群。」など、3人のギャップを指摘するコメントが寄せられていた。


芸能ニュースをお届け!『芸能(秘)チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中 

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000