関根勤が今年の重大ニュースベスト3発表 「小堺君と友達じゃなかったら倒れていた」と告白

 AbemaTVは、AbemaSPECIAL2チャンネルにて『関根勤がニッチなアレをなでまわす』を12月18日夜9時から夜11時にわたって生放送した。


 毎月、日曜日に放送される『関根勤がニッチなアレをなでまわす』は、タレントの関根勤が気になったニッチなニュースを、関根ならではの視点であらゆるアングルから語る2時間の生放送トーク番組。4回目を迎えた同番組には、MCにお笑いコンビ・イワイガワの井川修司、岩井ジョニ男、アシスタントとして元AKB48メンバーの増田有華が登場した。


 最初のコーナーは『関根勤の2016年重大ニュースBEST3』。まず発表された第3位は「孫が立った」で、孫に指を刺されながら振り回されている日常生活を明かした。


 番組後半で紹介された第2位は「心臓手術」で、関根はタレントの小堺一機のイラストを出し、「小堺君と友達じゃなかったら僕は倒れていたかもしれない。小堺君と友達だということで呼ばれた番組で、一緒に心臓検査をしに行ったところ、再検査の電話がかかってきた。そこで3本ある大動脈の2本が75%、残りの1本が50%詰まっていることが分かった」と心臓手術を受けることになったエピソードを紹介した。


 第1位は、関根から「今年も良い女にモテなかった」と発表。続けて、増田から「関根さんの思う良い女ってどんな人ですか」と質問があると、関根は「常識があって、よく笑う人。美人より可愛い人が良い。ジェシカ・アルバみたいな」と自身のタイプを語った。更に陸上選手の福島千里のような筋肉質なアスリートが好きだと話し、周囲を驚かせた。


 さらに同番組の恒例である『ニッチなグラビアをなでまわす』のコーナーでは、2016年のおっぱい新人王・忍野さらの新作DVD『Honey』が紹介された。


 21歳で現役女子大生という若さにも関わらず、既に3枚のDVDを発売しているという彼女の完璧なプロポーションに関根も「出来ることなら40歳ぐらい若返りたい」と骨抜きにされていた。


 その後、忍野がスタジオに登場し、忍野の胸を触った増田は「胸の細胞になりたい」と大興奮。最後に、特技であるという見事な開脚を披露した忍野が「来年はもっともっと頑張っていこうと思います」と来年の抱負を語ると、関根も「おっぱい女王を目指してほしいですね」とエールを送った。


 『ニッチな芸人をなでまわす』というコーナーでは、お笑い芸人のしゅくはじめが登場。関根が座長を務める公演「カンコンキンシアター」にも出演していたというしゅくについて、関根は「乳首から火を出す男というボケをしようとして、頑張りすぎて失神した」と当時のエピソードを明かした。


 そんなしゅくが見せたネタは「きゅうりマン」。きゅうりを使ったシュールなギャグの数々に増田は「情緒不安定で大丈夫かなと不安になった」と辛口コメント。また、しゅくの妻について話題があがると、関根は「奥さんはすごい美人。頭も良くて自分の遺伝子に(良いものを)全部持っているから、旦那には癒しを求めている」としゅくの妻を絶賛していた。


(C)AbemaTV


■『関根勤がニッチなアレをなでまわす』

  • 放送日時:12月18日(日)夜9時~夜11時(生放送)
  • 放送チャンネル:AbemaSPECIAL2

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000