AKB紅白選抜企画中間発表 宮澤佐江「いなくて良かったぁー!」

 15日、AKB48グループが、メンバーのうち「第67回NHK紅白歌合戦」に出演できる48人を投票で決める「AKB48夢の紅白選抜をみんなで選ぼう!」企画の中間結果が発表された。20日に放送された『芸能(秘)チャンネル』(AbemaTV)には元AKB48、SNH48、SKE48のメンバーだった宮澤佐江(26)が生出演。このニュースに対する思いを語った。

 AKB48は紅白に9回目の出場となるが、グループメンバー342人のうち、視聴者投票「AKB48夢の紅白選抜をみんなで選ぼう!」企画で選ばれた上位48人。投票は公式アプリ「NHK紅白」で受け付けており、1端末につき1票。16日からはデータ放送での投票もスタートしている。


 中間発表では、指原莉乃(24)、渡辺麻友(22)、総監督の横山由依(24)らが順当に名を連ねているが、は、宮澤は「いなくて良かったぁぁぁー!!」と安堵の表情。

「選挙とは違いますよね、シビアさが。今回は端末で一票しか入れられないので、人脈の太さだったり、っていうのもあると思いますし。(選抜メンバーはスケジュール空けているもの?)一応みんな空けてますよ。SKEだったことがあるんですが、SKEの後輩メンバーから『もし紅白決まったら東京行くので、ご飯したいです』っていう連絡があったりとか。 でも、いつもなら紅白出るってなって5日前くらいからはNHKさんに入らせてもらって構成を練ったり立ち位置を決めたりするのに、今回は結構ギリギリ。誰が歌うのかもわからないし、どうするんだろうって。ぶっつけ本番だから」


 なお、今度の投票スケジュールは12月28日に締め切り、29日の紅白PR番組内で選抜メンバー48人を発表。本番で順位が発表される。


(c)AbemaTV

『芸能(秘)チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中


 


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000