隠れイケメン?ナイツ土屋をレスリー・キーが撮影 最上もがとのセクシーショットも

 アイドルグループ・でんぱ組.incの最上もがと、お笑いコンビのナイツ・土屋伸之が、12月19日にAbema TVで放送された『もがマガ!』にて、写真家レスリー・キーがプロデュースする“セクシーショット”に挑戦した。  

 同日の放送では、最上が「来年、刊行予定の雑誌『もがマガ!』の袋とじで入れたいと考えている」という“ダンディグラビア”の撮影の様子を追った。


 土屋の“ダンディグラビア撮影”に潜入した最上は、「やばーい!土屋さんがサングラスかけてる。なんかすごいダンディな感じ。(このような撮影は)土屋さん的にも初めての試みなんじゃないかな?」とニンマリ。「(今日の土屋は)なんかヤンチャボーイですね。(今回撮影を担当する)レスリー・キーさんのカメラの液晶に映っているのを見るとめっちゃ格好いいです!」と、テンション高くリポートした。

 そして、「今どんな気持ちですか?楽しめてますか?」と質問を投げかけると、レスリーにいわれるがままにポージングをしていた土屋は「グラビアって体勢とか、結構大変ですね…。限りなく『無』になってやっていますけど。思ったより楽しめてはいます」と返答。

 今回の土屋の撮影に関しては、レスリー曰く、「身長が約180cmあるからもったいないと思っていた。こんな風にファッションを注意すればいいだけ。このくらいやれば格好よくなるって自分でもわかってたでしょ?持ってるものがあるから僕は引き出すだけです」とのことだった。そこで最上は「普段はダサいってこと(笑)?」と苦笑。レスリーは「お洒落さが足りないだけ」と謎フォローを追加していた。

 ラストは、ピンヒールを履き、生足を大胆に露出した最上も撮影に加わって土屋とのツーショットにトライ。アーティスティックな雰囲気を醸し出す土屋に対し、「土屋さんはなりきっていますね~」と最上が話しかけると、土屋は「もう、恥ずかしいを超えていい作品を作ろうと思ってる」と真面目な顔でカメラのレンズを見据えていた。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000