ものまねSMAP、最後のビストロに感動「この番組は僕の青春であり、人生の一部」 

 ものまねユニット・ものまねSMAPの元木敦士(木村拓哉)が20日、Twitterやブログを更新。前日19日に放送された『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の名物コーナー「ビストロSMAP」に対する思いを綴った。ものまねSMAPは元木の他、ヒデ(中居正広) 、ジゴロー(稲垣吾郎)、よっしー(草なぎ剛)、スズケン(香取慎吾)から構成されている。

ものまねSMAP Twitter(‏@monomane_SMAP)より


 26日に最終回を迎える同番組だが、「ビストロSMAP」は19日がラスト。最後のゲストとして出演したのは、メンバーとの親交も深いタモリだった。タモリとメンバーは共に食事を楽しみ、ビールで「乾杯」も。タモリは料理の勝敗を決める判定を下さず、「引き分け」とし、和やかな印象を視聴者に与えた。


 強いSMAP愛で知られるものまねSMAPがこの放送を見逃すはずもなく、メンバーの元木は「SMAP×SMAPを見て、色んな思いが込み上げてきます。この番組は僕の青春であり、人生の一部であり、スマスマでタモリさんとSMAPの皆さんが楽しそうに話してるのを見て、なんと言うか、『笑』と『涙』と言うか。」とブログでコメント。SMAPの解散に寂しさを感じているようだったが、「でも『マイナスの事柄ばかり考えていると いい事ない 顔つき暗いぜ』ですからね(^_^;)SMAPの皆さんがくれた元気になる魔法の言葉^ ^今日も仕事頑張ります!SMAP最高!」と、SMAPの名曲「オリジナル スマイル 」の歌詞をあげて、今でもSMAPに励まされていること、その愛は変わらないという気持ちを綴った。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000