渋谷疾走の100万円“ポニー”、モデル澤田に会いたくて逃亡?

 15日の午後7時前、渋谷区恵比寿の路上で「ポニーが移動している」と110番通報があった。警視庁のパトカーが周辺を捜索したところ、目撃された場所から直線距離でおよそ1km離れた渋谷区東にある國學院大学キャンパスの敷地内で、草を食べているポニー1頭を発見した。

 ポニーは恵比寿にあるペットショップから逃げ出したもので、警察官が店員に連絡し引き渡された。この騒動による怪我人はおらず、ポニーも無事だった。


 若者向け総合番組『原宿アベニュー』でもこのニュースを紹介。ペットショップによると、逃げ出したのは体長およそ1.2メートルで3歳の雄のポニー。「店の檻に入れていたが、午後6時頃いなくなっていることに店員が気付いた。なんらかの理由で二重ロックがはずれてしまった」としている。


 正式にはポニーではなく「ミニチュアホース」という種類で、馬の中でも大人しい性格だという。たたみ10畳ほどの広さと2メートル四方の馬小屋があれば飼育が可能だ。値段はおよそ100万円。


 スタジオでは、モデルとしても活躍中の“しーちゃん”こと金曜キャスターの澤田汐音が「私も見たことありますよ。恵比寿のペットショップにいました。逃げたのはその子だったんですかね」とコメント。


 これに対し、サンプラザ中野くんは「ポニーはしーちゃんが忘れられなくて、逃げてきたんですかね」と話し、スタジオで笑いを誘った。


(ライター/小林リズム)


(c)AbemaTV

『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000