素人美女、クリスマスのNGデートを語る 「もんじゃ」は最低

 12月15日にAbemaTVで放送されたウーマンラッシュアワーの村本大輔がMCを務める『恋のポイント村本くん』にて出演者の素人美女が「私が経験した痛い男」についてトークを展開した。同番組は “恋の猛者”である素人美女たちによる「赤裸々恋愛エピソード」を村本が採点する恋愛トークバラエティ。村本がグッときたトークを披露した女性には、 “恋の座布団”がプレゼントされる。

 今回、村本からの座布団を獲得したのは東京で会社経営をしているという清原ゆきなさん(30)による「クリスマスにもんじゃ男」という話。村本が「プレミアム感がある鉄板とかいいところあるやんか。ちょっと下町的な庶民的なとこ?」と尋ねると清原さんは「そういうことじゃないんですよ、村本さん」と否定。「やっぱり女子はクリスマスにおしゃれをして、下着までそろえて、完璧にしていくわけですよ。それでクリスマスデートってにおいがつくじゃないですか。そんなにおいがついたらクリスマスエッチは無しってなりますよね」と続けた。ちなみに、もんじゃだけではなく、鉄板系、焼肉、ニンニク系、鍋など基本的ににおいがつくお店をチョイスするような男はありえないそうだ。

 「そこは気にせえへんかった。ホルモンの煙がぶわ~ってなってるさ、そこで飲むのはダメ?」と村本が問うと、「事前に行ってくれたら(それなりの)おしゃれをしていきます。でもクリスマスは普段はそういうカップルでも、特別なご飯を食べた後のエッチは最高ですから」とあくまでクリスマスはにおいが気にならない店を選んでほしいとのことだ。


 ちなみに理想のお店は「カジュアルフレンチとかイタリアンとか和食でもいいですし、とりあえずにおいがプンプンしないところならOKです」と清原さん。

 これに対して村本がほかの出演者である藤田朱美さん(29)に意見を求めると「私は行きたいなら一緒に楽しめるならいいか。一緒に焼けたりしたら楽しいかな。においは、麻痺ってるから、同じのを食べてるしわからないかな」と違う意見を述べた。


 しかし清原さんは「私はクリスマスのって話をしているんですよ。クリスマスにわざわざもんじゃかお好み焼きか焼肉にするっていう(のはおかしい)」と強く意見。最終的に「お金の問題ではなくてにおいのつくところはチョイスしてほしくないな。デリカシーのない人は痛いな」と清原さんは締めた。この話に対して村本は座布団を1枚贈呈。その後、清原さんは「エッチの自信満々男」というトークも公開し、座布団を2枚獲得。今回の放送内で合計3枚の座布団を獲得した。


(c)AbemaTV


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000