きゃりー、初のアートワーク展開催  ぬいぐるみまみれの“等身大パネル”が話題に

 歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが12月15日、自身のInstagramを更新。アートワークをファンに向けて公開し、大きな話題となっている。

(画像はきゃりーぱみゅぱみゅ公式Instagramより)


 これは同日、彼女が自身のInstagram上に投稿したもの。自身初のアートワーク展開催ということで「ラフォーレで明日からきゃりぱっぱアートワーク展はじまるよ 12/25までやりますよ スティーブナカムラ氏とわたし」と、まずはデビュー以来、彼女のアートディレクションを手がけてきたスティーブナカムラ氏とのツーショット画像も投稿した。


(画像はきゃりーぱみゅぱみゅ公式Instagramより)


 その後「こんな写真も撮れたり」と巨大な顔写真を使った作品を紹介。続けて、自身の等身大パネルと並び、無数のぬいぐるみが飛び出している画像などを紹介した。その個性的な作品の数々に、多くのファンが熱視線を注ぐこととなった。


 歌手としてのみならず、モデルやタレントなど、幅広い分野で活躍中の彼女だが、今年はデビュー5周年のアニバーサリーイヤーということもあって、現在、ラフォーレ原宿で彼女の作品を集めたアートワーク展『KYARY PAMYU PAMYU ARTWORK EXHIBITION 2011-2016』(12月16日~25日)が開催中。今回ネット上で披露した作品は、いずれも同展に出展中のものと思われる。彼女の魅力を全力で感じさせる作品群で埋め尽くされており、ファンにとっては見逃せないイベントと言えそうだ。


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000