フジモン、生放送で金髪に 優樹菜の反応は「ジャスティン・ビーバーだな」

 14日、お笑いコンビ・FUJIWARA藤本敏史の冠番組『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』(AbemaTV)が放送された。この放送で藤本は髪を金髪に染めることとなってしまった。

 同番組は、「もし藤本が明日芸能界から干されてしまったら…」というテーマのもと展開されるバラエティ番組。藤本が万が一、不祥事を起こして芸能界を追放されても後悔しないためにゲストが藤本とやっておきたい10のことをリクエストする。今回は、ゲストに“フジモン軍団”と言われるフルーツポンチの村上健志、デニスの松下宣夫、もう中学生、なかやまきんに君が出演。12月18日に藤本が46歳の誕生日を迎えるということでフジモン軍団からは「フジモンの誕生日を祝いたい」というリクエストが提案された。さらに、藤本の妻・木下優樹菜の親友で歌手の青山テルマがサプライズゲストとして登場。青山は「フジモンを金髪にしたい」とリクエストした。

 「一部だけ金髪にして優樹菜に怒られたい」という青山。金髪に染める用にワックスや、ブリーチなど数種類の毛染め用品を持ってきたようで、藤本に「1日だけ超金髪か、永遠にちょい金髪かどっちがいい?」と質問。藤本は「ちょい金髪って、それダサくないの?」と不安げな表情を浮かべるが、フジモン軍団から「遊戯王みたいでいいんじゃないですか」とおされてしまう。


 「どうせやったらかっこよくしてほしいな」と懇願する藤本に、青山は藤本の前髪を触り「真ん中ここら辺じゃない?」とアドバイス。村上は「関口宏さんみたいな感じ!」と納得した様子。

 松下での練習を経て、一同は藤本の髪をスプレーで染めることに。「ヒカルの碁みたいにならへん?」と、またしても少年漫画の名前を挙げ心配する藤本だったが、意外にもできはおしゃれなものに。

 自分の姿を見ていない藤本は「白髪っぽくなってない?噂の東京マガジンみたいになってない?」と、不安げな表情だったが、青山は「優樹菜に写メ送ろう」とノリノリ。木下からはすぐに返信が届き、その内容は「ジャスティン・ビーバーだな」「いいじゃん」というものだった。

 まさかの木下からの褒め言葉に藤本はまんざらでもない様子。「なかなか褒めへんタイプやで」「ちょっとブリーチ…」と本格的に金髪にすることへの興味を示し、「優樹菜にハマりたいねん」と本音を漏らしていた。


(c)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000