Mighty Crownが『BPM』に登場 「一番危なかったことは…」レゲエシーンを語る

 AbemaTVは、AbemaSPECIAL2チャンネルにて『BPM〜BEST PEOPLE‘s MUSIC〜』を12月12日夜11時から1時間にわたって生放送した。


■レゲエ界のレジェンド・Mighty Crownが登場

 本番組は、EXILE/EXILE THE SECONDの黒木啓司がプロデュースし、DJ SOULJAHとアシスタントMCの浦浜アリサと共に、最高のアーティストにスポットを当て、他では見られないスペシャルセッションとトークを展開する1時間番組。12月12日の放送では、地元である横浜を拠点とし、世界で活躍するレゲエサウンド・Mighty CrownからMASTA SIMONとSAMI-Tがゲストとして登場した。


 日本にレゲエカルチャーを根付かせた第一人者であるMighty Crown。SAMI-Tは活動当初について「まだサウンドスタイルが根付いていなかったから、海外と日本の橋渡しとして、リアルをどう伝えるかを考えていました」と教えてくれた。また、日本と海外のレゲエシーンの違いについて黒木が尋ねると、MASTA SIMONは「根本的に楽しみ方のカルチャーが違う。そこをいい感じに伝えられたらと思っていた。もともと日本にはなかった文化だからニューヨークに行った時に『やばいな、これを伝えたいな』と思って日本に戻ってきてやりだした」と語った。


■MASTA SIMON「今まで経験した一番危なかったことは……」

 Mighty CrownプロデュースによるFIRE BALLとCRAZYBOY (ELLY 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)とのコラボ曲『Around The World』のMVが『BPM』限定で披露された。Mighty Crownの2人から「オフィシャルであがっていないので、かなりスペシャルです」と紹介されMVが流れると、視聴者からも多くの声が届いた。


 また、Mighty Crownとゆかりのある人からのメッセージを紹介するコーナーでは、Zeebraから「俺は東京のヒップホップなんですけど、Mighty Crownは横浜のレゲエで、それだけだとつながらないかもですけど、本当にファミリーだと思っています。自分たちがアウェイなところでも飛び込んでいく精神力、尊敬しています」とメッセージが届いた。


 続いて、ラップ&ボーカルグループ・DOBERMAN INFINITYのSWAYから「もうMighty Crownさん自体は10代の時から知っているし、世界を代表するグループです。ガラガラだった会場にMASTA SIMONさんが『俺らのパフォーマンスが終わる頃には満員にしてやるからな』と言って、実際に満員になった時は感動しました。あの光景は未だに忘れられません」とMighty Crownへの想いを熱く語った。


 さらにSWAYが世界を渡り歩くMighty Crownに「今まで経験した一番危なかったことは何ですか?」と尋ねると、「これ生放送だよね?」と確認してから「拳銃をつきつけられたことがある。3回ありますね」とMASTA SIMONが明かし、スタジオは騒然。さらにMASTA SIMONは「それでも生きている意味がある。どこにいても運命だから」と話した。


■「マジリスペクト」の生みの親はSami-T

 また、10代がよく使う言葉「マジリスペクト」をSami-Tが作ったということが紹介されると、Sami-Tは「ある番組で『この言葉いいと思うんだよね。マジリスペクト』と言ったらどんどん広まって、こないだ芸人が使っていて勝手に使ってんじゃないと思った」と笑いながら教えてくれた。最後は、Mighty CrownとFIRE BALLによるスペシャルライブとして『One Link』『Wonderful Days』が放送され、大盛り上がりの中、番組は締めくくられた。


 次週、12月19日は、メロディックパンクシーンを牽引してきた3人組HUSKING BEEをゲストに迎え、生放送でお送りする予定だ。

(C)AbemaTV


■『BPM〜BEST PEOPLE's MUSIC〜』

  • 放送日時:毎週月曜 夜11時~深夜0時
  • 放送チャンネル:AbemaSPECIAL2

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000