「話す機会があれば叱りたい」ノンスタ井上の休養にケンコバがコメント

 人気お笑いコンビ「NON STYLE」の井上裕介さんがタクシーに当て逃げ事故を起こしていた問題で、所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーは13日、井上さんを当面休養させると発表した。


 これを受け、同日夜放送されたAbemaTVのニュース番組「Abema Prime」で、事務所の先輩にあたるケンドーコバヤシさんが視聴者やファンに向け謝罪した。


 ケンドーコバヤシさんは番組冒頭「後輩である井上がお騒がせして申し訳ございません」と切り出し、「事故を起こしたこと、そしてその場から立ち去ってしまったことは事実だと思います。本人は猛省している思いますし、僕も話す機会があればしっかり叱りたい」とお詫びした。


 また、「頭を下げて、なにより被害を与えた人にしっかりお許しをいただくまで、ご迷惑をかけた関係者にお許しをいただくまで、相方の石田(明)、応援してくれているファンのみなさんにしっかりお許しを頂いたと実感を得たら、また漫才を頑張っていくと考えてえていると思います。私もそういうことを言おうと思います。」と話した。

(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000