井上公造、タレントの交際質問を防ぐ“爆音ガード”に「ドン引き」

 俳優・坂口健太郎(25)が12日、主演映画「君と100回目の恋」(来年2月4日公開)の完成試写会に姿を見せた際、女優・高畑充希(24)との交際について報道陣から質問が飛んだが、大音量のBGMと歓声などでかき消されたことが報じられた。

 このテクニックは、熱愛報道やスキャンダルが報じられた芸能人に対して最近しばしば使われるものだが、芸能リポーターの井上公造氏(59)は「爆音ガードはみんなドン引き」と断言。

 井上氏は「結局あんまり得はないんですよ。今回は完成試写会なので、坂口くんのファンの人もたくさん来ていますよね。そこで爆音が流されると、『あれ、この質問されたくないの?』という印象しか残らないんですね。やり方はいろいろあると思うんです。」と腑に落ちない表情。「悪いことしているわけじゃない、独身同士だし。全然認める必要もないんですよ。でももうちょっと余裕で受け答えしたほうが、イメージは良いのになあと思いますね。後味はぜんぜんよくないですよね。」と有名人の対応方法に疑問を呈していた。


(C)AbemaTV


芸能ニュースをお届け!『芸能(秘)チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000