2回命の危険にさらされた… 大人気美人ラッパー“あっこゴリラ”とは?

 ラッパーブームの今日、ある一人の女性ラッパーが人気を呼んでいる。


 彼女の名前はあっこゴリラ。アフリカまで行き撮影したというミュージックビデオが話題だ。可愛らしいルックスと確かな実力のある女性ということでファンが多いという。


 そんな彼女についてある女性ファンは「強い女の人は羨ましい」とコメントする。中にはまだ12歳という女の子のファンもいる。「面白いし自分も楽しくなるし憧れの人」と彼女のことを語る。そんな今大人気の彼女に直撃した。


 18歳でドラムと出会い、元々はガールズバンドでドラマーをしていたという彼女。2015年にバンド解散後、ついにラッパーの道を歩み始めることになる。


 そんな彼女の夢は、名前にもある通り「野生のゴリラに会う」ということ。それが新曲のビデオ撮影で実現したという。しかし、なんとそこで2回命の危険にさらされたという。


 「ゴリラが私に突進してきて、かすかに感触が残った。あとちょっとずれたら死んでいたと思う」とその時のことを振り返る。穏やかな動物のため襲うつもりではなかったというが、いずれにせよその時のことを笑顔で語る彼女。


 2回目はミュージックビデオの撮影がすべて終わり、ルワンダから日本に帰る途中のことであるという。なんとイスラム過激派のテロ発生の恐れがある場所に一人で紛れ込んでいたそうだ。「調べたら危険区域ということがわかって泣きながら母ちゃんに電話した」とまたも笑いながら語る。


 彼女は今話題のフリースタイルラップバトルにも多数出演している。男性ラッパーを盛大にディスり、対等に渡り合っているその姿こそファンが多い理由だ。


 確かな実力を持ちワイルドでありながらも、どこか女性的な面も持ち合わせている彼女の活躍にこれからも目が離せない。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000