牛丼チェーン店「松屋」“あるメニュー”がネット上で賛否

 人気牛丼チェーン店「松屋」。今、あるメニューがネットで話題となっている。


 そのメニューとは、12月6日に発売した「鶏と白菜のクリームシチュー定食」(630円 税込)。鶏もも肉に今が旬の国産白菜と北海道産牛乳、フランス産マッシュルームを使用した「冬の定番」とも言うべき料理だ。「松屋」のこの定食、いったい何が問題となっているのだろうか。


 議論を呼んでいるのは、味噌汁。このクリームシチュー定食には味噌汁がついているのだ。これに対しネットでは、「味噌汁はおかしい」「味噌汁だと雰囲気壊す」「当たり前のように味噌汁付けてきたのはさすがのカッコ良さ」などと様々な意見が。


 実際に食べたお客さんや街の人はこれをどう思っているのか。


  • 「クリームシチューを食べると脂っこくなる。そこで味噌汁が入ったらなんか中和されて食べた後も重くならない」(20代男性)
  • 「味にインパクトがないから味噌汁あったほうがいいと思う」(50代女性)
  • 「メインはあくまでもクリームシチューだからこれを食べたいなと思ってきても、でも味噌汁があるからちょっと違和感があるなと思ってしまう」(20代男性)

とそこには賛否両論の意見が。


 この商品を開発した商品開発担当の久岡利至グループマネージャーは「冬ということで温かいというところと洋風の料理を和風に仕上げているので、ご飯にも味噌汁にも合うと思う」と述べている。


 一方、大手飲食店チェーンの「なか卯」からも7日(水)、「ビーフシチュー膳」(890円 税込)が新発売。こちらも同じくご飯と味噌汁がセットになっている。


 これに対しては

  • 「『汁と汁』になるから汁物はいらない。喧嘩してしまうから」(20代男性)
  • 「味が濃いからごちゃごちゃしてそうという感じがある」(10代女性)

などという街の声が。


 一体“シチュー”は味噌汁と合うのだろうか。気になる方は是非一度食べてみては。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000