“進化系餃子”とは? 「今年の一皿」特別賞で注目

 今年の世相を反映する料理が選ばれる「今年の一皿」。準大賞には日本ワイン、特別国際賞にはシュラスコが選ばれる中、大賞には、「昔は脇役今や主役」と言っていい “クセのある食材”が選ばれた。


 「香りと独特な味が病みつきになる。」「なんでこれが食べられるんだろう。」と街の声も賛否両論を呼ぶ。


 飲食店の情報WEBサイト「ぐるなび」が主催する2016年「今年の一皿」発表会で、世相を反映し象徴する料理として選ばれた大賞はなんと「パクチー料理」。


 かつてはエスニック料理の薬味として脇役的な存在だったパクチーは今や主役級に躍り出る存在になり、多くの飲食店がメニューに取り入れ、一般家庭にも浸透している。


 東京・新宿にはパクチー専門店「パクチー・ビレッジ」までできている。この店一番のおすすめメニューは「パクチーカスタム鍋」。肉や野菜の組み合わせを自由に選んだ後は、てんこもりのパクチー。追加も自由だ。


 パクチー愛好家をパクチストと呼ぶ文化が出来上がりつつあるなど、パクチー人気はとどまることを知らない。そしてパクチーと共に注目を集めた一皿が、こうじ甘酒、ローストビーフ丼と共に特別賞に選ばれた「進化系餃子」だ。「進化系餃子」とは従来の具材の概念を超え、自由な発想で考案された餃子のこと。今や女性たちにも受け入れられるようになり存在感を増している。


 東京・世田谷「豆金餃子」という店の人気メニューは「香菜餃子」だ。読み方は(パクチーぎょうざ)。進化系餃子の具材にもパクチーが入り込んでいる。


 東京・飯田橋「東京Gyo-za あかり」では、餃子の上にチーズとトマトをトッピングし、テーブルに運んだところで炙る「トマトチーズ炙り餃子」や「チーズフォンデュ餃子」が人気だ。


 大賞は逃したものの、注目度抜群だ。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000