吉田羊、民放初主演ドラマをクランクアップ「本当に幸せでした」

 ドラマ「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」(フジテレビ系列)で地上波の民放初主演を務めた女優・吉田羊が12日、ブログにてクランクアップした様子を公開し、撮影の約3ヶ月を振り返った。

(画像は「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」公式ブログより)


 主演の天才脳神経外科医・橘志帆として過ごした約3ヶ月を吉田は「座長というにはあまりに未熟でマイペースでしたけど、マイペースでいることを許してくださった皆さんのおかげだと、心から感謝しております。毎日撮影が楽しかったですし、志帆さんでいられることが本当に幸せでした!皆さんの愛に支えられ、こうして完走することができました。本当にありがとうございました!」と感謝しつつ、明るくコメントをした。最後は娘・真央の思い出のくまちゃんぬいぐるみで笑顔ショットを公開。


 吉田が演じる志帆は「医師としての使命」と「娘への愛」、どちらを最後に選ぶのか。ドラマ「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」(フジテレビ系列)最終話は12月13日(火)よる9時から放送。


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000