成宮寛貴の電撃引退「罪を犯していないなら…」 引退を惜しむ声相次ぐ

 12月9日、俳優の成宮寛貴が突然の芸能界引退を発表し、世間を騒がせた。同日に放送された若者向け総合情報番組『原宿アベニュー』(AbemaTV)でも、このニュースを報道。本人の直筆メッセージが書かれたFAXと所属事務所からのFAXの両方が紹介された。


 FAXで発表された直筆メッセージには「今後これ以上自分のプライバシーが人の悪意により世間に暴露され続けると思うと、自分にはもう耐えられそうにありません。今すぐこの芸能界から消えてなくなりたい」と書かれていた。

 これを受け、コメンテーターである赤ペン瀧川は「事実がどうなっているのかはっきりしていない状況で、この手紙からは悲鳴を感じます。俳優としてもものすごく好きだったので、すごく悲しいです」とコメント。金曜キャスターの澤田汐音は「急でびっくりしました。好きな俳優さんだったので、テレビで姿が見られなくなるのは寂しいなって思います」と引退発表へのショックをあらわにした。


 また、所属事務所からは「本人の薬物使用を裏付ける客観的事実は確認できませんでした」とし、突然の本人から芸能界引退の申し入れがあったとコメント。本人の決意が固かったため、「大変残念ではございますが、本人からの申し入れを受けざるを得ないと判断致しました」としている。

 サンプラザ中野くんは「とても頭のよくていい人だって聞いていました。罪を犯していないなら、頑張ってほしかったですね」とコメントし、人気俳優の芸能界引退を惜しんでいた。


(ライター/小林リズム)


(c)AbemaTV

『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000