りゅうちぇる、ショップ店員時代の地味すぎる過去を告白

 りゅうちぇるが主催者となり、さまざまなパーティーを開催するバラエティ番組『りゅうちぇる×ちゃんねる』(AbemaTV)。12月9日の放送では「ショップ店員だらけのオシャレパーティー」と題し、ショップ店員出身でモデルとしても活躍する、ゆうたろう(18)と黒崎澪音(19)がゲストに登場した。

 現在はタレントとして大人気のりゅうちぇるだが、過去には原宿の「SUPER WEGO」でショップ店員をしていた経験を持つ。番組の冒頭でりゅうちぇるは「靴担当だったの僕」と、当時の仕事内容を告白。「洋服ちゃんとたためないから、靴のコーナーに入れさせられて、靴紐外して結んでの繰り返し。それで時給いただいてたの」と、地味なショップ店員時代を振り返った。


 番組では今時のショップ店員事情についても言及。「僕がWEGOにいた時からすでにショップの中にプリ機があって。大好きな店員さんとプリクラが撮れるの」とりゅうちぇる。今やショップ店員はアイドル並みの人気を誇っているようだ。


 りゅうちぇるは10月までWEGOでショップ店員をしていた黒崎に、「差し入れとかももらえたりするでしょ?」と質問。黒崎は「けっこうもらえます」と答えたが、「でも色々あって、差し入れが手紙だけになっちゃったんですよ」と付け足した。

 これにりゅうちぇるは「え、うそ。僕たちの時代と違う~!」と驚きの声を上げ、「僕たちの時代はめっちゃ高い時計とかもらってて、いいな~って言ってたもん」と、当時は高額なプレゼントを受け取っていた店員もいたことを明かした。

 一方、「サントニブンノイチ」にて現役でショップ店員として活躍しているゆうたろうは、「お誕生日の時、お寿司30貫ドーンみたいな。もちろんお菓子とか、お手紙もありますね」とコメント。りゅうちぇるは「いくらショップ店員といっても、めっちゃテレビ出てるしそりゃ人気だよね~」と納得した表情を浮かべていた。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000