篠崎愛、M-1グランプリ2016準決勝で敗退した4組をセクシーに慰める

 『篠崎愛の初体験ラボ~アブナイ生検証バラエティー』がAbemaSPECIALチャンネルにおいて、12月7日(水)夜10時より生放送された。

 この番組は篠崎愛が世の中に代わっていろいろなことを初体験し、その結果を報告する生検証バラエティー。この日は研究所所長と助手、アルコ&ピースに加え、インディアンス、錦鯉、馬鹿よ貴方はが登場。この4組は、先日行われた「M-1グランプリ2016」に参戦し、残念ながら準決勝で敗退していた。今回は憂さ晴らしをするために集まったという。


 最初のトークテーマは「M-1グランプリ2016」の感想。インディアンス・木村はネタ披露後の周りの反応を見て「今年(決勝に)行けるもんなんやと思っていた」と本音を告白。錦鯉・長谷川は、馬鹿よ貴方は・新藤に「だまされた」と告発。新藤から準決勝の会場で「特にウケていたベスト3に入っている」と声をかけられて期待していたのに、結果は決勝に行けず。それについて新藤は「ウケは本当にあったのでネタは良かった。TVに出す魅力がなかったとしか思えない」と自身の見解を弁明し、周囲の笑いを誘った。


 その新藤は、昨年は決勝に進出し8位だったこともあり、1回戦が始まる前から同じ事務所の後輩に「今年優勝できるから」と宣言。優勝賞金が入る前提で高級焼肉店にて食事を奢る約束をしていたが、結果、食事を奢る約束だけが残ってしまったとのこと。


 アルコ&ピース・酒井から「篠崎さんは実際(M-1グランプリを)みたんですか?」と質問されると、篠崎は「お仕事でみれなかった」と回答。平子からさらに「録画してないの?」と問われると「してないの」と告白。「今日の企画なんなんだ!」と全員から総ツッコミを受ける場面も。

 また、篠崎は「好きな芸人はいるのか?」との質問に「ジャルジャルさん」と回答。スタジオはなんとも言い難い空気に包まれた。そのあとも「もしも優勝していたら」「M-1のネタはどう考えた?」など、裏話がひとしきり盛り上がったところで、ネタを披露してもらえないか、と篠崎からお願いが。上目遣いのセクシーなおねだりポーズに、思わず平子が「篠崎、2017年仕事増えると思うよ」とコメント。続々とネタが披露され、スタジオは終始笑いに包まれた。篠崎からもネタが終わるごとに「にゃんにゃん言葉」で労いの言葉がかけられ、傷心の芸人たちもだんだんと元気を取り戻してきた様子だった。


 最後には今日の研究結果の発表として、篠崎が「観れて良かった!めっちゃ面白かった!芸人さんてやっぱりすごい!尊敬しちゃった」と初めて間近で観たプロの迫力に感動した旨をコメント。スタジオの芸人たちはその言葉に一番励まされた様子だった。


AbemaTV『篠崎愛の初体験ラボ~アブナイ生検証バラエティー』番組概要

(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000