渡辺直美はお笑い界の「勝新太郎」 後輩からの「100万円貸して」に…

 8日、タカアンドトシのタカ(40)とトシ(40)がMCを務める、AmebaTV『もし相方がいなくなったら タカオアトシ』が放送され、芸能界に存在するあらゆる「○○軍団」の若頭たちが、軍団の威信をかけて熱い火花を散らした。


 ジュニア軍団からはタケト、淳軍団からはニブンノゴ!・森本英樹、直美軍団からはスパイク・松浦志穂、小藪軍団からは天竺鼠・川原克己、東野軍団からは天津・木村卓寛、たけし軍団からはほたるゲンジ・無法松、タカ軍団からはイチキップリン、トシ軍団からはおにぎりが参戦。ここで、直美軍団の若頭・松浦により、団長・渡辺直美の“勝新伝説”が明かされた。

 松浦は「いやらしい話ですが、正直、いくら使ってもらっているかわかりません」と告白。タカが「渡辺直美は後輩たちに(豪快なおごりっぷりから)“勝新”って呼ばれているらしい」と噂を語ると、「本当にそうなんです」とうなずいた。


 番組では生放送中、「もし『100万円貸して』と団長に連絡したらどうなるか」を検証することに。松浦が早速、渡辺に連絡すると、渡辺は「100万で足りなかったら言って」とまさかの快諾。そのうえ、優しさ溢れる提案もプラスし、松浦は「いま本当に泣きそうです」と感動した面持ちを浮かべた。

 この様子を見ていたたけし軍団・無法松は「うちは98万円だけみたいなので、2万円そちらから借りられませんか」とさらに悪乗り。これについても「うんいいよ、2万円プラスね」と快く返事が届き、渡辺の器の大きさがさらに判明。タカトシの2人も「カッコイイな~」と感心していた。


(c)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000