中学生からAVにハマり、官能小説を書く美人社員

 12月8日にAbemaTVで放送されたウーマンラッシュアワーの村本大輔がMCを務める『恋のポイント村本くん』にて出演者の素人美女が「思い出すと恥ずかしい恋愛話」についてトークを展開した。 同番組は “恋の猛者”である素人美女たちによる「赤裸々恋愛エピソード」を村本が採点する恋愛トークバラエティ。村本がグッときたトークを披露した女性には、 “恋の座布団”がプレゼントされる。

 出演者女性たちが「不倫にハマっていたことがある」「海水浴の海の中でセックスした」「彼氏以外に、彼氏の友達の中にセフレが2人いた」などの恥ずかしい話をぶっちゃける中、村本の心をつかんだのは都内で働くOL・Tさんの「中学時代にAVにハマっていた」という告白。


 Tさんは「私、付き合った人数が少なくて、青春時代は妄想ばっかりしている子で、高校生まで処女だったんですよ。それで中学1年生のころからAV。エッチな、ネットでできる、AVを見てて、ドはまりしてしまって」とAVにハマった経緯を説明。ネットでAVを見ている間に「いろんなジャンルがあるんだなというのがわかった」という。


 村本が「Tさんは何系のジャンルのやつを主に見てるの?」と尋ねると、Tさんは「顔射」と即答。村本は「Tさんはそういう子か、うすうすおかしいなと思ってた」という感想を述べた。

 さらにTさんが、中学時代だけの話ではなく、実は現在もAVを見続けていると明かすと「ちょっと!Tさんをオーディションで見つけてきた人。座布団上げて!プロデューサーにあとで座布団あげといて」と村本は大絶賛。


 また、妄想が行き過ぎて最近では『熱海』というタイトルの「官能小説も書き始めた。パソコンで」とTさん。村本は大ウケし、「熱海は完成したん?」と問うと「まだしてないです。今耳を舐めてるとこ」だと話した。

 これらの恥ずかしすぎる話を暴露してくれたTさんに対して村本は「座布団2枚上げて」と座布団を進呈し「今度それ(官能小説)見せてください」とリクエストした。


(c)AbemaTV

『恋のポイント村本くん』は毎週木曜22:00〜23:00「AbemaSPECIAL2チャンネル」で放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000