自称ディラニストのダイアモンド☆ユカイ、ボブ・ディランの凄さを語る

 8日放送の『芸能(秘)チャンネル』(AbemaTV)に、ミュージシャンのダイアモンド☆ユカイ(54)がゲスト出演した。

 今年気になったニュースのひとつに「ボブ・ディラン ノーベル文学賞受賞」を挙げたユカイ。「ボブ・ディランは、いつか(ノーベル文学賞を)とるんじゃないかって言われてた。毎回ね。でも、まさか今年とは思わなかった。名前も上がらなかったから。ダークホースだよね」と感想を述べた。


 番組に出演する芸能リポーターのあべかすみ氏が「(ノーベル財団から)電話があっても連絡が取れなかったし、授賞式も欠席するんですよね」と続けると、「なかなか連絡がとれなくて困るっていうのが、おもしろくてね」とユカイ。


 「ボブ・ディランって、わりとそういうの(受賞)を断らない人なんです。ディランを研究している人は『ディラニスト』って言われてるんだけど、俺も自称ディラニスト。ディランの本とかブートレッグ(海賊版CD)とか集めてる。CDも全部持ってる。つい、ディランの何か出ると買っちゃうんです。そういう(ディランを詳しく)知ってる人は、『あー、やっぱりディランだから。でも絶対断りはしないけど』って。あれだけ引っ張れるっていうのは、おもしろいよね。あいつしかやれない。いろんな人が本気になって。(アメリカの小説家の)スティーヴン・キングとか『あんな者はノーベル賞とる器じゃない』って本気で怒ってる」と、自称ディラニストならではの見解を語った。


 さらに、「アメリカは文学っていうよりも、歌う文学。キュビズム(現代美術の手法)みたいな感じ。キュビズムを知らない人がピカソの絵を見て『なんだあれ』ってなる。あんな感じを文字で。しかも歌って。あの感覚がわかならい人はディランがわからないと思う」と、独特の観点でボブ・ディランの凄さを熱く語った。


(c)AbemaTV

『芸能(秘)チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000