矢口真里、イケメンに後ろからハグされ赤面 思わず地面に倒れ込む

 AbemaTVは、AbemaSPECIALチャンネルにおいて、『矢口真里の火曜The NIGHT』を12月6日(火)深夜1時から深夜3時にわたって生放送した。本番組は、矢口真里がお笑い芸人・元巨匠の岡野陽一と繰り広げる2時間生放送のトークバラエティ番組。


 今回は、歌って踊ってマジックするマジックアイドル「Dream Heart(ドリームハート)」の吉野みずほと中西里菜が登場。独特の世界観を放つ自己紹介に、爆笑が止まらない矢口と岡野。その後も「魔法の言葉はシャイニングハ~ト~!」と、お決まりの決め台詞を叫ぶなどテンションの高い絡みに、矢口と岡野は動揺を隠せない様子だった。

 オリジナル曲『シャイニングハート』では11個のマジックが見られるということで、実際にDream HeartにショートVer.を披露してもらった。曲が始まると予想外にエンターテイメント性の高い手品が次々と飛び出し、視聴者からも「歌いい」「子ども喜ぶぞ、これww」といった好意的なコメントが多く寄せられた。矢口からは「これは営業呼ばれるわ」と、お墨付きのコメントも貰った。


 『月刊イケメン男子』では11月のイケメンチャンピオン・萩凌介が登場。以前から萩に会いたいと言っていた岡野は、萩の登場に大興奮。矢口、DreamHeartの2人からも「超かっこいい」など次々に感嘆の声が漏れ、スタジオは荻の魅力にメロメロに。萩の特技の1つが“書道”であると発表されると、矢口は「私、字綺麗な人好き~!萌えるんですよ」とコメント。そして、萩の好きな芸能人が矢口であると発表されると「はい、捕まえた!」と大喜びでテンションの上がり具合を隠し切れない様子の矢口。

 続いて、出したサイコロの目の数に合わせて矢口がご褒美を受けられるという「ご褒美サイコロゲーム」のコーナーでは、萩から映画『タイタニック』のように、後ろから腰に手を回される「抱いタニック」をしてもらえることに。

 矢口は背後に近づく萩にドキドキが止まらない様子。身長差を考慮し、腰に手を回す「抱いタニック」の形ではなく、オーソドックスな“後ろからハグ”をしてもらうことに。岡野、DreamHeartの二人がBGMを奏でる中、矢口を後ろからそっと抱き寄せる萩。「助けて~こんなの初めてだよー!ヤバい恥ずかしい!こういう時どうしていいかわかんない!」と真っ赤な顔を隠しながら本気で照れ、思わず地面に倒れ込むなど、矢口の可愛い一面が見られた。



■『矢口真里の火曜The NIGHT』

(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000