ベッキー因縁の“LINE”でCM復帰 ユカイ「シャレてるね」

 タレントのベッキー(32)が7日、コミュニケーションアプリ「LINE」の新CMでナレーターに起用されたことがわかった。ベッキーは2011年に1年契約で同社のCMに出演しており、5年ぶりとなる。今回は声のみの出演で、CMは年末年始にオンエアされるという。


 ベッキーといえば、今年1月にロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(28)との不倫が発覚した際に、川谷とのLINEでのやり取りが流出したこともあり、LINEとはまさに「因縁」の関係。流出した文章の中に出てきた「センテンススプリング」の表現は、今年の「新語・流行語大賞」のトップテンにもノミネートされるなど、大きな話題になった。

 この話題を報じた8日放送の『芸能(秘)チャンネル』(AbemaTV)では、芸能リポーターのあべかすみ氏が、ベッキーが因縁のLINEのCMに起用された理由について「サービス開始から6年目を迎えて、原点回帰の意味を込めてベッキーさんを起用した」と説明。


 これに、この日のゲストで歌手のダイアモンド☆ユカイは「シャレてるね」と粋にコメント。視聴者からも「復帰の第一歩にはLINEのCMっていいんじゃない」などと好意的なコメントが寄せられた。


 ベッキーと同じ事務所に所属しているというユカイは、「事務所は大変だったみたいよ。ボロボロでね、金銭的に。カンニング竹山曰く、いつ破産してもおかしくないって言ってました。『みんなどっかでバイトしてこい』って、バイト指令が出ましたから」「竹山も影でバイトしてた」と、当時の状況を語った。


 その上で、事務所の先輩として「人間っていろんな側面持ってるじゃない。俺は30 年前悪い人だったんだけど、30年経ったらいい人になってるんだよ、イメージが。だから、人間って(いい面も悪い面も)両方持ってるんだろうなって。両方出したほうがいいんじゃないかな」と、ベッキーにエールを送った。


(c)AbemaTV

『芸能(秘)チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000