指原莉乃、AKB紅白選抜は「自分に投票」 デバイスを駆使し1人で7票入れるファンも

 AKBの紅白出場メンバーが選抜投票システムと発表されてから待ち望まれていた投票が8日ついに、NHKの公式アプリより受付が開始された。これを受け、HKT48の指原莉乃が「充電ギリッギリだけど自分に投票しました みんなと喜びを共有したいのでぜひ投票よろしくお願いします!」と早速投票したことを明らかにした。

(画像は指原莉乃公式Twitter@345__chanより)


 AKBの紅白選抜投票はメンバーたちに事前に告知されていなかったこともあり、選抜総選挙2年連続1位の指原ですら「えっ!紅白!!!!ニュースサイトで知った。なにごと、やだ」と危機感をあらわにしたツイートをしていた。公式アプリより1人1回のみ投票ができるこのシステムで、本当の人気がわかってしまうかも、と噂されている今選抜投票。


 ファンからは「学校でも友達の携帯貸してもらって4投票させてもらったよ」「テレビとレコーダー計7台のチューナーのアンテナ・LAN・HDMI抜き差し組み換えで7票いれられるはず...」「スマホ3台分。」「タブレット3台分。」と一人一票システムにあえぎながらも、多くの票を投票する強者も出現。さらに「伊勢神宮のパワーストーン画像送ります!これでパワー回復!!」「長崎の眼鏡橋のハートの石だよ~パワー届けーーーー」とご当地のパワーストーン画像を送る現象も続出。


 AKBファンのみならず、世の中全体を巻き込んだとも言えるこの紅白投票システム。12月中旬には中間発表が行われ、28日には受付が終了。29日に選抜メンバーが発表されるとのことだが、ファンたちの努力は実るのだろうか。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000