杉浦太陽、女子校の現実にショック 「理想郷を描いていたのに」

 6日、AbemaTV『原宿アベニュー』が放送され、火曜レギュラーの杉浦太陽が、女子校に抱いていた憧れを告白した。

 この日は“学校のあるある”をテーマに放送。今年高校に進学したというアイドル・平塚日菜は、「休み時間、みんなトイレに駆け込んで髪の毛を直したり、リップ塗ったり……」「高校生になると中学生とは違いますね。メイク禁止なんですけど、リップだけ、とかギリギリのところで楽しんでいます」と、なんとも女子らしい華やかな学校生活を明かした。

 これを聞いたテレビ朝日・弘中綾香アナウンサーは、「私は女子校にいたんですが、雰囲気が全然違う」と目を丸くし、「寒いからスカートの下にジャージ履いたり、みんないつもすっぴんで。しかも、早弁してましたね。コンビニにも行って……」と自分の学生生活を暴露した。


 男子校出身の杉浦は「女子校も早弁するの!?」とびっくりした様子。「男が思っている女子校のイメージと違う」「理想郷を描いていたのに」と妄想を語ると、共演者たちから「女子校だと、男子の目がないので、かえってそんなものなんですよ」と鋭いツッコミが。女子校への憧れを打ち砕かれ、トホホ顔を浮かべていた。 


(c)AbemaTV

『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000