2PM・Jun. Kが新アルバム『NO SHADOW』の魅力を語る 「自分がやりたい音楽だけを詰め込んだ1枚」

 『BPM〜BEST PEOPLE‘s MUSIC〜』がAbemaTVのAbemaSPECIAL2チャンネルで12月5日(月)夜11時から放送された。


 『BPM〜BEST PEOPLE's MUSIC〜』は、EXILE/EXILE THE SECONDの黒木啓司がプロデュースし、DJ SOULJAHとアシスタントMCの浦浜アリサと共に、最高のアーティストにスポットを当て、他では見られないスペシャルセッションとトークを展開する1時間番組。12月5日(月)の放送では、“野獣アイドル”としてアジアを中心に大人気の韓国人アイドルグループ・2PMのJun. Kが登場した。


Jun. Kが登場 新アルバムの魅力や携帯電話のマル秘メモが明かされる

 番組冒頭、Jun. KはEXILEについて「2011年にEXILEの皆さんと番組でご一緒させてもらいました。とてもカリスマ性があって大好きです」と話すと、黒木も当時のことを覚えており、「イケメンの背の高い人達だなーと思っていました」と当時の心境を明かした。


 楽曲や衣装、ジャケットの写真など、自らプロデュースするJun. K。浦浜が「アイデアはどこから出てくるんですか?」と聞くと「日頃から携帯電話にいろんなアイデアをメモしています。なので、携帯電話の中のメモは僕にとっての宝物なんです」と教えてくれた。


 さらに浦浜がダメ元で「その携帯電話を見せてください」と言うと、「いいですよ」と快諾し、周囲を驚かせた。携帯電話のメモ帳は、たくさんのフォルダに分けられており、“曲の名前アイデア”のフォルダには何ページにも渡るメモが書かれていた。


 12月14日(水)にリリースされる3rdミニアルバム『NO SHADOW』については「自分がやりたい音楽だけを詰め込んだ1枚になっている」と魅力を語り、続けて「やりたい音楽をやれているというのが、すごく幸せだと感じる。自分のやりたい音楽をやろうと心に決めて歩み始めたところです。僕が一番求めていて、一番好きな音楽がたっぷり詰まったアルバムとなっています」と話した。


Jun. Kの魅力を笑福亭鶴瓶が語る「魅力は色っぽさ」

 Jun. Kのことが大好きな人や、よく知っている人からのメッセージVTRを紹介するコーナーでは、笑福亭鶴瓶から「魅力は色っぽさ。歌の声量。2PMを好きになったのはJun. Kさんの歌声だった。お笑いもそうだけど、人を喜ばせる職業っていうのは素晴らしいと思う。ぜひずっと続けていって欲しいですね」とコメントが届いた。


 2PMのメンバーからもメッセージが届き、第一印象については「歌がすごく上手」「親しみやすい」と話される一方で、Jun. Kの秘密については「たまに隠れてゼリーを食べています。すっぱい味のゼリーがすごく好きなんです。皆さんも、もしゼリーが見つからないときはJun. Kのせいだと思ってください」と暴露した。


 最後は、新曲『NO SHADOW』を披露。視聴者からは「最高だったぜ!」「すてきー!」など、Jun. Kの魅力に惹き込まれた声が多く寄せられた。


(C)AbemaTV


『BPM〜BEST PEOPLE's MUSIC〜』番組概要


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000