「特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル」の魅力を撮影現場から生配信 今回は新キャストの発表も

 AbemaTVは、Twitterアカウントを使用してライブ配信を行うサービス「Periscope(ペリスコープ)」を用いて、AbemaTVのTwtterアカウントで『特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル』の撮影現場から生配信した。

 連続ドラマ『特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル』は、2017年年明け放送予定のAbemaTV初のオリジナルドラマ。「Periscope(ペリスコープ)」を用いての生配信は、主演の高橋克典が自ら撮影を行い、共演者とともに撮影現場の様子や見どころを紹介していく企画だ。お馴染みのキャスト紹介から、視聴者の質問に応えるなど生放送ならではの内容のほか、今作の新キャストが発表されるなどファンの反響を呼んだ。


 2度目となる今回は、只野シリーズお馴染みの「サウナ」シーンから放送。さっそく、只野の特命仲間・森脇幸一役の永井大が登場。高橋から、久々の只野の現場について聞かれ、永井は「楽しいですね!サウナセットも相変わらずで」とコメント。このコメントに対して「なんでそういう言葉を言う時に心を込めて言わないんだよ!」と高橋の愛の鞭が飛んだ。永井は「普通のドラマとは違うことができるドラマです。さっき先輩も仰ってたセットだってこんなに本格的でね…(サウナの石を触り)、あっっっつ!!」とリアクション。高橋は「当たり前だよ、この石は美術さんがちゃんと温めてるんだから。ちゃんと戻しておこう」と普通に手に取り戻す、という息のぴったり合ったトークを披露。「リアクション芸人みたいなリアクションしやがって!」と高橋から突っ込みが入った。視聴者からは「サウナ似合う~~」「いいコンビ」「お約束♡」などのコメントが多数寄せられた。


 続いて、“サウナの新しい住人”として、電王堂営業課社員で新レギュラーの矢村京介役・渋江譲二が登場。渋江は自身の役どころを、「普段はエリートサラリーマンですが、このシーンに出るとなるともしかしたら、そういう奴かもしれない…見てのお楽しみに!」と紹介。「普段の趣味は?」と高橋から聞かれると、「テレビっ子なので、ずっと只野観てました。今日すごく緊張します」と只野シリーズのファンだったことを明かした。この回答に対し、高橋は「全く緊張感ないよ~~」と場を和ませていた。


 次に、「今日、このライブ配信で情報解禁!サウナで只野や森脇、矢村を魅了するサウナガール」として紹介された美樹役の小島みなみが登場。小島が出演する情報は、この生配信で初めて解禁された。「こんにちは!サウナガールの美樹役を務めさせて頂きます。小島みなみです!」と挨拶すると、高橋は思わず「え、きみ人間?CGみたいな声だね」と突っ込み、笑いを起こした。「恵比寿マスカッツに所属しています!サウナガールとして皆さんを元気にできれば良いなと思います♡」と続けて自己紹介すると、高橋は「男性に夢と希望を届けてください」とエールを送った。

 

 最後に視聴者からの質問に回答するシーンでは、「只野さんのセクシーポーズ見たい」という質問が。高橋は「それは番組を見てください」とコメントし、最後を締めくくった。

(C)AbemaTV


■AbemaTV 『特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル』

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000