「クセの極み乙女」が誕生 ボーカルは千鳥ノブこと「山谷野文」 

 お笑いタレントの小籔千豊が3日、自身のInstagramを更新。「新しいグループできたんだって バンド名は クセの極み乙女 楽しみすぎーっっ」というコメントともに、お笑いコンビ・千鳥のノブと、平成ノブシコブシの徳井健太の2ショット写真を公開した。

小籔千豊 公式Instagram(@koyabukazutoyo_shinkigeki)より


 小籔は過去にもTwitterで「sekai no hajimari」という架空のグループを宣伝しており、その際のメンバーはノブと、徳井、そしてムーディー勝山の3人だった。今回、小籔は「sekai no hajimari が解散発表されたの知ってるっっ( ༎ຶŎ༎ຶ )」と、「sekai no hajimari」は解散したとし、新たに「クセの極み乙女」の誕生を報告した。


 今回、小籔によって紹介された「クセの極み乙女」のメンバーは、ボーカルギターの山谷野文(ノブ)とベースの平日係長(徳井)。キーボードのちゃんむでぃとドラムのおれいかんも存在するそうだが、写真はまだ未入手とのことだ。

小籔千豊 公式Instagram(@koyabukazutoyo_shinkigeki)より


 元ネタの「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音の不倫騒動は「ゲス不倫」という言葉で表現されたが、小籔は「#クセ極 #この2人が不倫したら #クセ不倫」と「クセの極み乙女」の不倫は「クセ不倫」と呼ぶことになると予想。


 クセ極の2人に、ファンは「クセしかない。強すぎ。」「クセが強い」「クセがすごいんじゃ」と、強烈な個性を感じ取った様子。「今後の活躍を楽しみにしています!」などの応援コメントも寄せられていた。


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000