バトシンが心理テストで丸裸に 「本当は嫉妬深い」

 1日、渋谷のパーティーロッカーことあっくん(29)と雑誌「S cawaii!」などで活躍するモデル・鈴木あや(26)がMCを務める『#SHIBUYAbema』が放送された。今回はゲストにハーフモデルとして人気のバトシン(21)が登場。心理カウンセラーを招いて深層心理テストに挑戦する中で、バトシンの人柄が丸裸になった。

 最初にチャレンジしたのは、恋人への束縛度を探るテスト。バトシンは「恋人は束縛しないです」と語るが、「恋人と行った遊園地で乗ったゴンドラの色は?」という質問に、「白」と回答。これにより「執着心が強い依存型ではあるけど、順応性があって根が真面目で一途」「ある程度のルールを作りつつ、束縛しないよう気持ちをコントロールするタイプ」と分析され、「なんとなく当たっているかも」とうなずいた。

 続いて、「有名な画家があなたの絵を描きたいと言ってきた時、どんなポーズをとるか」という質問に、バトシンは左手をポケットに入れ、画家の目をまっすぐ見た棒立ちのポーズ。この質問では「嫉妬心が測れる」といい、目を見るのは相手への興味の高さ、棒立ちは無難さを表し、バトシンの「本当は嫉妬深いけど、その気持ちを抑えて平常心でいたい」という深層心理が暴かれた。バトシンは意外な様子で、「恥ずかしい」と苦笑い。「でも、(評価としては)いい方ですよね」と気を取り直していた。

 ここであっくんが同じテストにチャレンジ。中腰で上半身をひねり、手のひらを自分に向けたポーズをとると、カウンセラーに「嫉妬心が強すぎる」「バトシン君と真逆です」「手を自分の方に向けるということは、認めてほしいという欲求が強いということ」とバッサリ。あっくんは本人の自覚と真逆の深層心理に愕然としていた。

 また、「付き合ったばかりの恋人との手の握り方」では「支配欲」をチェック。相手の右手を握ったバトシンは、「右は未来を意味するので、過去ではなく未来を支配しようということ」とのこと。バトシンは「確かに、これからを見据えた付き合い方をすることが多いです」「彼女ができたら、結婚する未来を考えます」と納得顔。恋愛に対する一途な一面が明らかになった。 


(c)AbemaTV


『#SHIBUYAbema』は毎週木曜日 22:00〜23:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中  

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000