りゅうちぇる、心霊写真・鑑定放送回で音声に異変!? 写り込んだ霊の正体は…【動画あり】

 AbemaSPECIALチャンネルで放送中のバラエティ番組『りゅうちぇる×ちゃんねる』。12月2日の放送では、りゅうちぇるがTwitterに投稿した心霊写真を霊能力者が霊視。その結果は、3体の霊が写っているという衝撃的なものだった。

 問題になっているのは、ロケ中に撮影されたという森の中での写真。中央に写るりゅうちぇるの横で、木の幹から女性の顔が覗いていると、ネットで話題を呼んでいた。番組でりゅうちぇるは問題の写真を提示し、「皆さんこちらにご注目ください。口を開けた人がね、覗いているよっていう写真なんですけど」と説明。

 ちなみにりゅうちぇるは同じ場所でもう1枚写真を撮っていたが、そちらの写真では口を閉じた表情で写っていたという。「この正体、そしてこれはどういう意味をしているのか、霊能者の方に見ていただきまして、結果を発表します」と流れを紹介しながらも、「うわ~ドキドキする~」と動揺を隠せない様子のりゅちぇる。


 今回鑑定していただいた先生は、鑑定歴21年の大ベテラン、斑木先生。鑑定結果のメールによると、この写真に写りこんでいる霊は3体。ネットで人の顔に見えると話題になっていたものは木の根っこで、3体の霊はその他の場所にいることも判明した。


 さらに、これらの霊の正体は物の怪で、森の精霊に分類されるとのこと。人間に対して良い影響を与える精霊もいるが、この写真に写りこんでいるのは悪い物の怪だという。りゅうちぇるの写真に写りこんでしまった理由は、「りゅうちぇるさんは魂がきれいで輝いているため、人間ではなく精霊の仲間と勘違いし、集まってきてしまった」という見解だった。


 この結果を受け、りゅうちぇるは「うそー、そういうこと?僕を精霊と勘違いして?ちょっと待って~!」と驚愕。ちなみにこれらの霊は憑依しようとしているものではないので、悪影響はないとのこと。メールには「りゅうちぇるさんはいつもハッピーであろうと強く心がけているので、憑依されなかったのでしょう」と書かれていた。

 ほっと一安心したのも束の間、ここで複数の視聴者から「心霊写真の話をし始めた途端、音声がおかしくなった」という投稿が。りゅうちぇるは「ちょっと待って、マジで無理」と一瞬で表情が強張り、「こわいこわいこわい!」とパニックに。 実は、いかるぎ先生のメールにはまだ続きがあり、「ただ、霊的に弱い方はこの写真を見るだけで悪影響があります」とのこと。これを読んだりゅうちぇるは、「ちょっと待って。みんな見ないで!!」と、写真を裏返して大慌て。


 だが最後は、「でも強くハッピーであろうという心がけがあると、人間だけでなく森の精霊の方も、ハッピーオーラにおびき寄せることができるというかさ。それが僕の1番の救いでしたよね」と、りゅちぇるらしく前向きに締めくくっていた。     

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000