NSCで発掘されたクズ芸人 「600万、親に借金して…」

 1日、タカアンドトシのタカ(40)とトシ(40)がMCを務める、AmebaTV『もし相方がいなくなったら タカオアトシ』が放送された。今回はニューヨークの嶋佐和也(30)、屋敷裕政(30)とともに、東京・神保町にあるよしもと興業の芸人養成所「NSC」に潜入。ここで一同は強烈な経歴の生徒たちに出会うことになった。

 まず登場した生徒は「NSCに入学するのが2回目」と語り、「以前16期として入学した後、人力舎に行き、ワタナベエンターテイメントに行き、声優学校に行き、そして戻ってきました」と華麗な経歴を告白。これにはタカトシの2人も「何がしたいんだよお前は」とツッコミ。トシが「なんでそんなに金あるの。親が金持ちなの?」と聞くと、生徒は「600万、親に借金して。大学も2回行ってるんです」とさらに仰天発言。ニューヨークから「めちゃくちゃクズっすね!」と大笑いされていた。

 生徒はカメラに向かって「お母さん、ごめんなさい、いつか恩返しします」とお辞儀。タカは「親孝行したかったらNSCなんかいちゃダメだって。すぐやめなさい」と助言を送った。

 続いて登場したのは、そもそも2期生としてカラテカやガリットチュウと共に学び、現在20年ぶりに22期生として在学する46歳の男性。男性は卒業後、DJや補正下着のモデルを経て、46歳になるまで一切の社会人経験なく再びNSCの門を叩いた。タカトシとニューヨークは「この年になってマトモに働いてない」「ここにもクズがいた」「楽して一発当てたいんだ」と大喜び。「素晴らしい」「生き様がいい」とベタ褒めしていた。


(c)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000