流行語大賞 ざわちん「PPAP」と「アモーレ」のベスト10入りを祝福

 12月1日、年末恒例の『2016 ユーキャン新語・流行語大賞』(現代用語の基礎知識)が発表され、大賞には、25年ぶりのプロ野球、セ・リーグで優勝を果たした広島東洋カープを表現した「神ってる」が選ばれた。タレントのベッキーと人気ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音との不倫報道から広まった「ゲス不倫」や、世界規模で大流行したピコ太郎の「PPAP」も選出されたが惜しくも受賞はならずだった。


 この前日の11月30日、ものまねメイクで知られるタレントのざわちんは、「PPAP」の受賞を祈願して、“ピコ太郎風ものまねメイク”を公開。結果が発表された1日は、結果を受けて「ざわちん鬼推しのピコ太郎さんの『PPAP』は残念ながら大賞を逃しました でもベスト10入りです おめでとうございます。」とメッセージを送った。

ざわちんオフィシャルブログより


 さらに、「他にベスト10では 『(僕の)アモーレ』で平愛梨さんが 受賞されていたので嬉しかったです」と、サッカー日本代表の長友佑都が、女優の平愛梨との関係を取材陣に説明した際に発した言葉「アモーレ」のベスト10入りを祝福。


 ざわちんは過去に平のものまねメイクに挑戦した際に、本人から「おほめの言葉」を貰ったそうで、その時の写真を再度公開していた。


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000