矢口真里、ぽちゃドルの「ハイカロリー飯」に驚く

 AbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルで『矢口真里の火曜The NIGHT』を11月29日深夜1時から深夜3時にわたって生放送した。

 本番組は、矢口真里がお笑い芸人・元巨匠の岡野陽一と繰り広げる2時間生放送のトークバラエティ番組。番組では「ぷに子が日本をHAPPYに」を合言葉に結成されたぽっちゃりアイドルユニット・Chubbinessから、150cm・51kgの嶋梨夏、159cm・60kgの堀川杏美、156cm・59kgの八重樫琴美が登場した。番組冒頭で岡野の誕生日が岡野憧れのアイドル・吉川友に祝福されるなど、盛りだくさんの内容となった。


 Chubbinessが登場した瞬間からずっと笑顔の矢口。自身も昔「品川庄司の庄司さんに『アイドルっていうより、ぽちゃドルだよね』と言われたことがある」とのこと。


 しかし、ぷに子体型を維持するための「ハイカロリー飯」が紹介されると矢口はこれに驚き、練乳に食パンを浸したものや、山盛りの天かすにうどんをつけ麺のようにして食べる(もちろんお皿に余った天かすも完食)など、深夜の視聴者にとって見ているだけでも胃がもたれるような食事が紹介された。


 番組の途中でが突然堀川から「私、もともと矢口さんの大ファンだったんです。小さい時から矢口さん推しで…」との告白が。矢口のグッズや、堀川のお母さんが手作りしたという矢口のさまざまな曲の衣装を自宅から持参し、矢口に想いを伝えた。


 これを見た矢口は驚きながらも大感激の様子で「わわわ、ガチじゃん!今まで、『モーニング娘。が好きで、矢口さんが一番好きで』って言ってくれる方もいたんですけど、人を信じることが苦手なタイプで、疑っちゃうんです。でも本物ですよ、堀川さんの気持ちは」とコメントした。


 堀川は、実は「会うまでガチガチに緊張してた」とのことで、Chubbinessとして活動する前まではモーニング娘。のオーディションを3回ほど受けていたことも判明。岡野から矢口について「実物はどうなの?」と聞かれると「ほんとにちょっとかわいすぎて…」と言葉を失う堀川。


 堀川のお母さんが作ったという手作り衣装を見て、矢口は「これだ!こんなんつけたわー!お母さんすごいね!」と興奮気味に。そのときの衣装を羽織って、堀川と並んでカメラに向かって「お母さん見てるー!?」と手を振り、堀川は憧れの人を真横に、泣きそうになりながら喜んでいた。


 番組も後半に差し掛かったところで、番組冒頭で岡野の誕生日祝いにも登場した吉川が再び乱入し、そのまま居座る事態に。空気を読まない行動をしているように見えた吉川だったが「実は吉川はビビり症。今夜この番組出演前に矢口さんに挨拶できなかったので、裏で非常にビビっていた」というチクリメールが報告された。


 すると吉川は過去のエピソードとして「私、矢口さんに泣かされてますから」と切り出し、「ライブリハーサル中にダンスの立ち位置を間違えて、矢口さんにぶつかってしまったんですよ。それで振付師の方に怒られて、泣きながら、矢口さんに謝りに行ったことがある」と話し、「それ、やぐ姉悪くないよね」と岡野に突っ込まれる場面も。それでも「私、ハロプロの先輩の中で一番怖いの矢口さんですから」と言いながらも、矢口を“憧れの先輩”とも話す吉川に、「私、泣かせてないから!(笑)」と呆れ気味の矢口。


 最後は、矢口からのアンコールによってChubbinessの『踊ルAh!Hooo!』が披露され、スタジオもノリノリの中、番組が締めくくられた。次回12月7日はマジックアイドル・Dream Heartの2人が登場予定だ。

(C)AbemaTV


■『矢口真里の火曜The NIGHT』番組概要

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000