元NMB渡辺美優紀や押切もえらのメール盗み見… 一般人もパスワード対策を万全に


 30日、元NMB48の渡辺美優紀さんやモデルの押切もえさんらのメールを盗み見た疑いで、日経新聞の社員の男が逮捕された。警視庁の調べでは、男は一昨年から昨年にかけて通信事業会社が管理しているサーバーに不正アクセスし、電話番号等を入手していたという。


 同様にタレントが被害にあった事件では、一昨年から去年にかけて女優の長澤まさみさんや北川景子さんら人気タレント7人のSNSが覗き見られるというものもあった。


 不正アクセス事件では、生年月日や電話番号、メールアドレス、さらにはペットの名前まで、それらを組み合わせてパスワードを予想するという手段が用いられ、身に覚えのないパスワード変更がされていたことで初めて不正アクセスに気づくケースも多いという。


 その情報の価値の高さから有名人がターゲットとなる場合が多いが、他人事と思わずにパスワードはなるべく推測されにくいものし、定期的に変更を行うといった対策を講じた方がよさそうだ。

(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000