「富士の樹海で全裸PV」あの伝説のアイドルユニット“BiS”が復活

 “伝説の破天荒アイドル”が帰ってきた。


 明るいキャラをもつ5人のメンバーから構成される彼女たちの名前は、「BiS」。2010年にメンバーのプー・ルイさんを中心に結成されたアイドルグループで、数々の伝説を残したものの2014年に解散。今年7月、プー・ルイさん以外を新メンバーにして再結成された。


 新旧メンバーのどちらともを知るプー・ルイさんは新メンバー加入後の現状について「ウリがないっす!まだ発展途上なので、できることをやっている」と話す。


 オーディションで選ばれた新メンバーの一人、ゴ・ジーラさんはと以前の「BiS」について「前衛的」と表現、ペリ・ウブさんも「過激なイメージでした」と振り返る。


 そんな新体制のBiSだが、ライブでは観客の中に飛び込むなど、ステージ上で過激なパフォーマンスで“破天荒アイドル”ぶりは健在のようだ。


 解散前の「BiS」についてファンに話を聞くと、「ライブが始まるまでにマラソンで到着」「ハグ会」「富士の樹海で全裸というPV」などが記憶に残っているという。彼女たちが“破天荒アイドル”と呼ばれるのか、納得のいくエピソードばかりだ。


  プー・ルイさんも「0からのスタートだったので、知ってもらうためには脱がないといけなかったんですよね。ちょっと語弊がありますけど」「注目を集めるために色々なことをやっていたら過激なアイドルというふうになっていきましたね」と当時を振り返る。


 そんな数々のエピソードから「伝説」と呼ばれた旧メンバーに対し「尊敬の気持ちしかない」と語るのは、新メンバーのアヤ・エイトプリンスさん。「(アイドルに)なってみてアイドルの難しさが分かります。頭を使うんですよ」と心境を打ち明ける。


 そんな”新生”BiSは先月1stアルバムをリリースし、早くも来年2月には2ndアルバムをリリース予定。さらに今月10日から15日間にわたる全国ツアー「『Brand-new idol Society』2年間おまたせ!いま会いにゆきます」を行うことも決まっている。


 新メンバーのキカ・フロント・フロンタールさんは「地方に行けるのが楽しみです。都内だけだと会えない方もたくさんいらっしゃると思うので」「迎えに行ってあげたいなと思います」と意気込みを語る。


 新しくなったBiSは先代を越えていけるのだろうか。これからの彼女たちの活躍に期待だ。

(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000