フジモン、ASKA容疑者にコメント 「捕まるのが早すぎる」

 11月30日放送の若者向け総合情報番組『原宿アベニュー』で、同日、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕された歌手のASKA容疑者(58)が東京地検に送検されたことについて触れた。

 同番組の原宿ヘッドラインでは「ASKA容疑者送検…リハビリ中に使用?」のタイトルでこのニュースを伝えた。「ヘッドラインで何か気になるニュースはありますか?」の質問に、コメンテーターのFUJIWARA藤本敏史(45)は、「そやね~。ASKA容疑者やね。捕まるのが早すぎるよね。いや、もう、怖いのが覚せい剤を使用すると抜け出されへんのかな、というところ。(ASKA容疑者が逮捕されるのは)見せしめの部分もあるのかな?使ったら人生を棒に振るよ、という意味で」と自身の見解を示し、「CHAGEさんが一番かわいそう」と心配した。


 そんななか、海外からは「フィリピンで薬物更生巨大施設完成」のニュースが飛び込んできた。これを見て「薬物使用がこんだけあとを絶たないのは日本の罰が甘いのかな?」と藤本。しかし、キャスターを務める大川藍(23)は「でも、フィリピンのニュースで牢がギュウギュウになってるのを見て、牢に入れるという罰を与えるだけでいいのかなとも思った」と、海外の薬物使用者の更生方法について疑問を呈した。


(c)AbemaTV


『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000