杉浦太陽、妻・辻希美の怪我の状況を語る

  29日、AbemaTV『原宿アベニュー』火曜レギュラーの杉浦太陽が、妻でタレントの辻希美が怪我をした件についてその状況を語った。

 辻は28日、自身のブログで、脚にびっしりとテーピングを巻かれた写真とともに、軽い捻挫と軽い肉離れをしたことを告白。杉浦はこの怪我の理由を「家で誕生日会をしていたら、バルーンを踏んで捻挫してしまったようです。僕も腰を痛めたので、夫婦で整骨院に行きました」「(辻は)ママさんバレーとかダンスとかしているから、先生にテーピングをお願いしたんです」と語った。

 その整骨院には辻の恩師・つんく♂も通っているといい、普段から夫婦で馴染んでいる様子。辻は見よう見まねでテーピングをしながらも日常生活に支障はない様子で、きょうも「ママさんバレーしようかな」と言っていたと語った。辻はその他にも、子供たちのバレーのコーチもしているそうで、杉浦は辻が怪我に負けずアクティブに過ごしていることを説明。周囲を安心させていた。


(c)AbemaTV

『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000