海老蔵、寺島しのぶと過ごした幼少期を語る「軽井沢の別荘で」

 28日、都内で「六本木歌舞伎-第2弾-」(来年2月4~20日、東京・EXシアター六本木)の制作発表会が行われ、歌舞伎俳優の市川海老蔵(38)と女優の寺島しのぶ(43)、映画監督の三池崇史氏が出席した。演目は「座頭市」で三池氏が演出、リリー・フランキーが脚本を手掛ける。

 海老蔵と寺島は、95年に公演された『鹿鳴館』以来の共演。当時、2人の間にはキスシーンがあったといい、海老蔵は「前の日にニンニクを食べ過ぎて、くさすぎて、ものすごい怒られた」と振り返り、「なので、今回はニンニクを食べずに『座頭市』に挑もうと思います」と決意を語った。しかし、当の寺島本人は「覚えてない」とのことで、海老蔵は拍子抜けした様子だった。


  また、2人は子供のころは一緒によく遊んでいたといい、海老蔵は寺島の自宅や、軽井沢の別荘にもよく遊びに行ったのだそう。海老蔵は「(寺島の)お母様にはよく怒られた」と語り、芸能リポーターからその理由を聞かれると、寺島が「自転車に乗って、(道の標識の)木の矢印の方向を全部逆にした」と、子供時代の海老蔵のいたずらを暴露した。

 最初は海老蔵の遊びに付き合ってくれたという寺島。しかし、その関係は寺島が成長していくにつれ変わっていき、「5歳離れているから、そのうち色気付いて、『私は自転車で洋服を買いに行くわ』って行くようになっちゃった」と海老蔵は振り返った。


(c)AbemaTV

『芸能(秘)チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000