蛭子能収 妻がキレた「ガラスの仮面」速水真澄イラスト公開

 画家の蛭子能収(69)が、ブログで、「秘蔵」だというイラストを公開した。

蛭子能収オフィシャルブログ「えびすにっき」より


 いつもは4コマ漫画を公開している蛭子は、その日は収録続きで漫画を描く元気が残っていなかったといい、過去に描いた「秘蔵」のイラストを公開することにしたと説明。なんでも2年ほど前、妻に依頼されて描いた『ガラスの仮面』の速水真澄だそう。


 ただ、速水を理想の男性とする妻の思い描いていたものとはかなり異なったようで、妻からはブーイングがあったようだ。当時を振り返った蛭子は 「頼んできたのに『な、なんやねん、これ?!』と嫁にキレられて、理不尽だったなぁ。そもそも、俺に頼むのが間違いなんだよ。元絵のように描けないよw」とこぼし、ハッシュタグには「#美内先生ごめんなさい」「#いいね歓迎」などが並び、恐縮しきりの様子。ファンからは、「先生のテイストがよく出ててこの絵はこの絵で素晴らしいと思います」というフォロー(?)のコメントが寄せられている。


■11月29日(水)21時より「蛭子能収の蛭子能収による蛭子能収のためのニュース」第二弾放送決定!

蛭子能収の蛭子能収による蛭子能収のためのニュースⅡ 蛭子が北朝鮮幽体離脱緊縛SP

(※放送時刻になったら通知でお知らせ! AbemaTVアプリ内「通知を受け取る」がオススメです)

▼番組概要

蛭子能収が気になるニュースを自分で取材して、自分の会いたい人に会い、自分だけのためにお届けする日本初のシュールなニュース番組。あまり期待もされぬままついに第2弾を放送することに。
なんと今度は蛭子キャスターが「世界」というテーマに挑む!しかも選ばれたのは「世界が気になる北朝鮮・韓国」、「世界から注目を集める日本のエロス最前線」、「世界的超能力開発競争と日本」という難しそうな3テーマ!
海外ロケを敢行し、成り行きから幽体離脱や緊縛を体験することになってしまったエロス能収…いや蛭子能収は無事このピンチを乗り越えられるのか?

第1弾に続き相手役の矢島悠子アナウンサーがローテンションで生暖かく見守ります。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000