1位は熊本地震の特別番組 AbemaTVが2016年緊急ニュースランキングを発表

 AbemaTVは29日、「AbemaNewsチャンネル」が本開局した4月11日以降に報道したニュースの中から、特に視聴数が多く、世の中の関心を集めたニュースを発表した。

 ニュース専門チャンネル「AbemaNewsチャンネル」は最新ニュースや緊急の速報を24時間編成で放送しており、その中で最も多くの視聴数を集めたのは、開局直後の4月14〜18日にかけて放送した熊本地震に関するニュースだった。


 熊本地震について、AbemaTVでは4月14日に発生した地震速報を伝えた後、テレビ朝日の特別番組のサイマル放送を開始。その後「AbemaNewsチャンネル」独自の特別番組も含めて15日18時までの約21時間、CMを入れずに緊急編成で放送。さらに、16日未明の"本震"発生後、18日朝6時まで約28時間半の緊急編成で放送、あわせて約49時間半にわたって地震関連の最新情報を伝え続け、被災地における情報収集の手段としても活用された。このほか、3位には首都圏を直撃した台風9号、4位には鳥取県中部での地震など、自然災害に関する速報・中継が注目を集めた。

 

 また、2位にはアメリカ大統領選に関する約7時間半の特別番組がランクイン、舛添前都知事が出席した都議会集中審議や退任挨拶を行った都議会本会議が上位に入ったほか、政治分野の生中継も高い関心を集めた。


  • 注1:2016年4月11日(月)から2016年11月13日(日)の期間中に、「AbemaNewsチャンネル」で放送された緊急編成のニュース86件を対象にしています
  • 注2:ランキングは上記期間に放送した緊急ニュース番組枠の総視聴数をもとに算出しており、SNS上での視聴数は含みません


(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000