道端アンジェリカ 3姉妹のなかで抱いていたコンプレックス

 女優の北川景子(30)が24日、時計ブランド「シチズン クロスシー」の20周年記念イベントに出席。新CMのキャッチフレーズは「何かをはじめるときが、その人の春だと思う」だが、高2の時にスカウトされた北川は「10代で将来の夢を見つけて進んでいこうと思えたのは素晴らしいことだと思うから、自分で決めたことを最後まで頑張りなさい」という父の言葉に背中を押され、芸能界入りを決断したことを明かした。

 このニュースを受け、ゲスト出演した『芸能(秘)チャンネル』で自身の“大切にしている言葉”を聞かれたモデルの道端アンジェリカ(30)は、「昔お姉ちゃんに、『アンジェリカがいちばん素直に自分のやりたいことをやっていて、いちばん本当の自分らしい人生を歩んでいるよね』って言われたことがあって。それまでは自分のすることって後悔していたりとか、自分だけ3姉妹のなかでちょっと違うなって思っていたりしていたけど、(それを聞いて)逆にお姉ちゃんに羨ましがられていたんだって思ったら、急にいろんなコンプレックスとかもなくなって。すごい前向きにものごとを捉えられるようになった。 それまでは、お姉ちゃん2人の下なので『こういうふうにならなくちゃいけない』とか、気にしていたんですよね。そういうふうに思われていたんだって意外で。それで今まで通り自分の好きなように生きようと(自信をもちました)」と振り返った。


 ところで、北川といえば今年DAIGO(38)と結婚したばかり。8月に30歳になる前のことで、入籍時点では29歳だ。「20代最後というのは結婚願望が強くなるものなのか?」という問いに、アンジェリカは「ずっとそんなに結婚願望がなくて、パートナーでいいかなと思っていたんですけど、最近29とか30くらいで結婚したいと思うようになりました。素敵なニュースを最近みるからかな、1回くらいしたい!」と告白。


 そんなアンジェリカは、先日ジュエリーデザイナーとして初のコレクションを発表したばかり。自身でデザイン画を描いたオリジナルのジュエリーを、スペイン発のファインジュエリーブランド「GOLD&ROSES」とのコラボレーションにより実現し、23日から2017年1月24日までの2カ月間は、伊勢丹新宿本店1階「GOLD&ROSES」期間限定コーナーにて、「アンジェリカコレクション」を発売中。3姉妹のなかで抱えていた悩みを乗り越え、自身の夢に向かっている。


(c)AbemaTV

『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000