道端アンジェリカ、過去の交際相手は全員日本人 タイプは「顔が薄い人」

 女優・中谷美紀(40)と、ドイツ人のイケメンビオラ奏者、ティロ・フェヒナー氏(48)との熱愛が発覚。フェヒナー氏が、10月1、2日に行われた小澤征爾氏(81)とズービン・メータ氏(80)が指揮を務めるコンサートにウィーン・フィルハーモニーの楽団員として来日。中谷はこの時に知人を介して知り合ったという。

 25日放送のAbemaTV『芸能(秘)チャンネル』に出演したモデルの道端アンジェリカ(30)も、フェヒナー氏の甘いマスクに「すごいかっこいいと思います」と目が釘付け。一方で、自身の恋愛については、「(これまで交際した人は)みんな日本人。アジアの方の顔が好きで。自分の顔が濃いので、顔が薄い日本人の方が好きです。一重で、鼻がぺたんこで。くっきり美形というよりは、ちょっとくずれているくらいのほうが。ブサメン?そうかも」と話す。

「身長もぜんぜん気にしない。これまで(に交際した人)で私(174cm)より高かった人は一人だけ。太っているかどうか? どうでもいいですね」


 ルックスにはこだわりがないというアンジェリカ。「性格などは?」と聞かれると、「私のことを子供にさせてくれる人がいい。お茶目で甘えん坊でいたいんです。私の世間のイメージって、ツンケンしている感じなんだと思うんですけど、本当は末っ子なんで、甘えん坊なんです」  と回答。


 金銭面も特に気にしないようで、「額に関係なく、安定していたらいいです。何も心配なく、二人でほのぼの暮らしていければいいです」と答えた。


 ゴージャスなイメージがある道端三姉妹だが、少なくともアンジェリカは案外素朴なのかも。


(c)AbemaTV

『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000