ケンコバ フジモンに「ユッキーナのオッパイを触りたい」とお願い

 23日にAbemaTVで放送されたFUJIWARA藤本敏史の冠番組『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』にて、藤本の妻でタレントの木下優樹菜のオッパイの柔らかさについての検証が行われた。

 同番組は、「もし藤本が明日芸能界から干されてしまったら…」というテーマのもと繰り広げられるバラエティ。藤本が万が一、不祥事を起こして芸能界を追放されても後悔しないためにゲストが藤本とやっておきたいことをリクエストする。 この日、ゲスト出演したケンドーコバヤシは藤本に対して「名曲を熱唱したい」「後輩と仲良くしてほしい」などのお題を出したのち、最後に「ユッキーナのオッパイを触りたい」というリクエストをした。

 これに対して藤本は「何言うてんねん。触りたい言われてどうぞと言えるわけないやん」と却下。しかしケンコバは「ユッキーナはどうぞと言うてくれてるんですよ。それを藤本さんが『アホか~!』言うて止めたんですよ」と、以前ケンコバが実際にユッキーナにお願いしたところ了解を得ているという事実を明かした。

 結局ケンコバは「本当にご結婚されている愛し合っている二人なので、本当に触らせてくれという不貞行為は、僕はしないですよ。ただ、色んな柔らかいものを触って藤本さんがこれ近い!っていうのをやりたい」と新しい案を提示。


 するとスタッフからはメロンパン、水溶き片栗粉、こしあんまん、水、マシュマロ、ソフトテニスボールなどの柔らかい物が用意され、ユッキーナのオッパイの柔らかさの検証実験が開始された。


 まず藤本がメロンパンに手を置いてみるも「ぜんぜん固いやん。カチカチやん。ぜんぜん違うやん」という反応。次に挑戦したこしあんまんに対しても「ぜんぜん固い!ぜんぜん違う」と、こちらも納得いかないという様子だった。

 続けて触ったマシュマロについても「ちょっと固いかなこれ」という微妙な感想。ソフトテニスボールは、柔らかさは近かったようだが「ハリが足りひんな」という意見を述べた。続いて蒸しパンを触ってみるが今度は「これはちょっと柔らかいな」と柔らかすぎるが、「しっとり感はこれやけど」とみずみずしさは近いことを明かした。 最終的に風船に入った水を触ってみると「あ~、これはまだ柔らかいな~」という感想だったが、すべてを触ってみた結果「こっちかな。これやわ」と水が1番ユッキーナのオッパイの感触に近いことが判明。

 これを受けて、エンディングにはユッキーナの写真が用意され、その写真を写しながらケンコバが水を触り「超気持ちいい」という感想を述べる様子が映し出された。この様子に藤本は「辞めろや!いつまでもんでんねん!最後これ?」と大声を張り上げ、番組は終了した。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000