金爆紅白落選 「女々しくてバブル終了」宣言

 11月24日、『第67 回NHK紅白歌合戦』の出場者46組が発表され、これまで4年連続出場してきた4人組エアバンドの「ゴールデンボンバー」が出場を逃した。


 メンバーの樽美酒研二はブログで、落選理由について「落選した理由は歴然! 周りのアーティストさんが話題性ぎっしりで皆さんが凄かった…」と分析し、「だいたい4年連続出場できた事が奇跡。これで女々しくてバブルは終了です!」と心境をつづった。


 これを取り上げた24日放送の『芸能(秘)チャンネル』(AbemaTV)では、芸能リポーターの菊池真由子氏が、「ゴールデンボンバーは、会場がすごく盛り上がる」とした上で、紅白の選考基準である「今年の活躍」「世論の支持」「番組の企画・演出」の中で、「(4年連続出場は)番組の企画・演出という面が強かったのかな」と分析した。


 さらに、今年話題の『PPAP』がブレイクしたピコ太郎について、菊池氏は「企画のところはまだ詰めている段階ということ。わたしは絶対出ると思うけど、ピコ太郎さんも出るつもりだし。もしかしたら他にもサプライズゲストは出るのかもと期待している」と話した。


(c)AbemaTV

『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000