和田アキ子紅白落選 「今年の活躍、世論の支持、企画・演出を総合的に判断」

 大晦日に放送される「第67回NHK紅白歌合戦」の出場歌手46組が、24日発表された。初出場となるのは、デビュー20周年のKinKi KidsやPUFFY、今年再結成されたTHE YELLOW MONKEYなど10組。錚々たる顔ぶれの出場者の中には、これまで39回出場してきた歌手の和田アキ子(66)など、ベテラン勢の名前がなかった。

 この話題を報じた『芸能(秘)チャンネル』(AbemaTV)では、芸能リポーターの菊池真由子氏が、40回目の紅白出場を逃した和田について「紅白の取材をしたことがあるが、(和田)アッコさんが(場を)盛り上げてくれる。アッコさんの紅白愛もすごく感じるので、あのアッコさんが出ないと思うと時代を感じる」とコメント。


 また、NHKの紅白出場歌手の選考基準について「『今年の活躍』、『世論の支持』、『番組の企画・演出』の3つを兼ね備えた人を総合的に選んでいる」と紹介した。

 紅白落選を受けて、和田は「40回という節目でもありましたので、正直悔しいきもちもあります」とコメントを発表しているが、これについても菊池氏は「悔しいっていう気持ちを素直に言っているのがアッコさんらしい」とコメント。その上で、久しぶりに紅白出場のない和田の年末の過ごし方について「年明けてからオーストラリアに行くのがアッコさんの定番だったが、それが前倒しになるのか、別の番組に出るのか、それも楽しみ」と語った。


(c)AbemaTV

『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000