極楽・山本圭壱が復帰 井上公造、加藤浩次の努力について語る

 お笑いコンビ・極楽とんぼの山本圭壱(48)の吉本興業復帰が発表された。山本は今年9月から相方・加藤浩次(47)とともに全国ライブを行っていたが、その最終日である20日の東京・恵比寿公演にて復帰が明かされた形となった。

 この日は芸能リポーター・井上公造氏もライブを鑑賞していたと21日に放送された『芸能(秘)チャンネル』(AbemaTV)で明かした。

「何かある気はしていたんですよね。かつて山本さんの野球チームの監督だった萩本欽一さん、ダウンタウン松本人志さんがいました。極楽のファイナルだからなぁ、とは思っていたのですが、普通にステージが進行している中、バックコーラスにワッキー、ココリコ遠藤、品川庄司・庄司、ロンブー・淳がパンツにぬるぬる姿で出てきたのです。彼らは『軍団山本』のメンバーでした」(井上氏)

 加藤はステージ上で「誰も知らないと思いますが」と述べたうえで、吉本の大崎洋社長から「戻ってくるか?」と言われたことを明かし、「できる限り2人で頑張らせていただきたい」と述べたという。


 井上氏は「(淫行)事件から10年。小さいことからなんでも頑張っていきたいと語っていました。淳さんは、『山本さんにはコソコソ会っていたが、これからは堂々と会えるんですねぇ』と言っていました。ここに来るまでの加藤君の努力は間近で見ていたので涙するところもあります」と語った。


 井上氏は日本テレビ系の情報番組『スッキリ!』で加藤と一緒に出演することが多いが、これまでの加藤の姿勢をこう解説。

「加藤さんはずっとなんとか山本さんが復帰できるようにとすごい動いていました。あぁ、コンビってすごいな、って思っていました。加藤さんは自分がどれだけ売れても『極楽とんぼ加藤浩次』とサインに書いていたんですよね。彼は山本さんが帰ってくるのを待ってるんだな、と思った。今回のツアーでファンがあそこまで詰めかけたということでお許しが出たのでは。まだまだテレビ復帰は簡単ではないでしょうが……」

 また、約20年前、井上氏は山本と一緒にとある番組の芸能ニュースコーナーの司会をやっていたという。毎回打ち合わせをし、本番に臨んだが、当時の山本の印象と今後の展望について「生真面目な男で、過ちを犯したのは事実だが、ここまで大変だったと思います。肩の荷が下りた加藤さんを見て『コンビっていいな』と思いました。テレビは無理だけど、ルミネの舞台とかからと思う」と語った。


(c)AbemaTV

『芸能(秘)チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000