大川藍 「かっぱ寿司」でこの冬注目の“黒そい”を食レポ

 11月16日(水)に放送された若者向け総合情報番組『原宿アベニュー』の中継コーナー「大川藍の触りたくなる原宿」で、キャスターを務めるモデルの大川藍(23)が、「かっぱ寿司 鮨ノ場原宿竹下通り店」を訪れ、最新メニューをリポートした。

 「かっぱ寿司 鮨ノ場原宿竹下通り店」では、現在、“北海道の鯛”ともいわれる天然黒そいを使用した“期間限定”寿司や、全国のお祭りをモチーフにした「岸和田だんじり祭寿司」などを提供中だ。

 上述の寿司をオーダーした大川は「黒そいは炙っているから、すごい歯応えがよくておいしい~!厚みもあって。漬けはまちに揚げた海苔をのせた『岸和田だんじり祭寿司』もめっちゃおいしい。海苔の天ぷらの味が効いていて、お寿司にすごい合いますね。サクサク~!」とご満悦の様子だった。

 中継先からスタジオに戻った大川は、これらのメニューをお土産として、コメンテーターのFUJIWARA藤本敏史(45)と、紀真耶アナウンサー(テレビ朝日)に振舞った。スタジオでも箸が止まらない大川は「楽し~!」と幸せそう。「黒そい、俺初めてちゃうかな」という藤本も「おいし~!」と驚きの表情を見せ、「(食べることに集中するため)一回カメラ止めてもらっていいですか?」と、カメラマンに無茶な要求をしていた。


(c)AbemaTV


『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中  


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000