フジモンは秀才? 記憶力テストで16問中14問の正解

 近年、高齢ドライバーの交通事故が相次いでいる。それを受け、政府は事故防止に向けた対策を強化する方針を固めた。

 そんななか、11月16日(水)に放送された若者向け総合情報番組『原宿アベニュー』では、コメンテーターのFUJIWARA藤本敏史(45)とキャスターを務めるモデルの大川藍(23)が、75歳以上のドライバーが受けなければならないとされる、記憶力や判断力を測定する検査、講習予備検査(認知機能)の筆記テストに挑戦した。


 そして、記憶しなければならない16のキーワード中14こ正解した藤本は「書いてるやつ全部正解した!」と余裕の笑み。10個の回答にとどまった大川に対し、「これはひどい。免許を返してください」と突っ込んだ。

 紀真耶(テレビ朝日アナウンサー)の解説によると、「これだけでは記憶力判断力の良い悪いは判断できない」とのことだったが、「俺、今年46やで。大川ちゃんは(年齢が)俺の半分やん」と藤本。


 これに大川は「23歳です。私、注意力ないんですかね?」と不安そうな表情を浮かべた。そこで藤本は「覚え方があるんや!」とドヤ顔。最後に、「スカートはいてる暴走族がものさし持って・・・、と覚えればいい。高齢者の皆さまもこうやって覚えればいい(笑)」と、キーワードをつなげて物語を作る、反則気味な覚え方を伝授して、出演者らから非難を浴びていた。


(c)AbemaTV


『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000